秋のドライブコース☆札幌から1時間で行ける長沼町の魅力♪

北海道にはローカル番組がたくさんあります。

北海道から生まれたヒット番組といえば

「水曜どうでしょう」ですよね?

全国的にもファンが多い番組ですね。

全国では放送されていませんが北海道には

「旅コミ北海道」という番組があります。

旅の情報誌であるじゃらんの北海道版をテレビに

したものですが、そこで長沼町特集をしていました。

札幌から短時間で行ける近い田舎として人気の長沼町です。

 

今回はそんな長沼町でおすすめのスポットを紹介します。

長沼といえば農家レストラン

リストランテ クレス

長沼町の野菜を豊富に使ったビュッフェタイプのレストラン

です。

メインディッシュはパスタなど数種類から選んで、副菜や

デザートは自由に選んで食べ放題です。

ドリンクにはトマト・りんご・オレンジジュースがあり牛乳や

コーヒー・紅茶も飲み放題です。

味付けは少し濃いめに仕上げてあります。

時間制限がなくゆったり外の景色を眺めながら食事ができる

ため大勢で来られる方も多いです。

クレスには団体用のスペースがあるので会社の食事会や同窓会

にも利用できそうです。

ちなみに12〜3月は休日のみの営業です。

 

住所:北海道夕張郡長沼町東3線北10号

電話:0123-82-5500

ハーベスト

クレスから北に向かって車を走らせるとハーベストの看板が

あります。

右折してしばらく道なりに走り左手に見えてくるのが

ハーベストです。

りんご農家の仲野農園が経営している洋食レストランで行列が

絶えません。

ワンプレートにハンバーグやコロッケなどの定番メニューや

芋もちなど北海道らしい料理を楽しめます。

ハーベストの名物といえばりんごジュースとアップルパイです。

秋からがアップルパイのおいしい季節でクリスマスケーキの

代わりにアップルパイを注文している地元の人もいます。

建物は大きなログハウスで店主の手作りです。

2階もあるので景色を眺めるならおすすめです。

 

住所:北海道夕張郡長沼町東4線北13号

電話:0123-89-2822

里日和

クレスとハーベストは長沼の北側でしたが里日和は国道

274号線に近い南側です。

田園ランチセットが目で楽しむことができる美しい前菜が

おすすめです。

野菜ジュースから始まり大きな丸皿に盛られた前菜が

美しいです。

つぎに20種類以上のメインディッシュから1品選ぶことが

できます。

そしてデザートとコーヒーがついたコースメニューです。

コースだけでなくドリンク&デザートや単品だけでももちろん

注文できます。

里日和はどちらかというと素材の味を堪能するスタイルです。

住所:北海道夕張郡長沼町東7線南3号

電話:0123-82-5257

絶品のインドカレー

タンドリーレストラン アサ

そういえば2号店が千歳にもできていました。

ナンが美味しいインドカレー店です。

田舎に珍しい本場のシェフが素敵な笑顔で迎えてくれます。

スープカレー派ですがナンもいいですよね?

長沼に住んでいた頃はナンのテイクアウトもしていました。

チーズナン・ガーリックナン・グリーンココナッツナンが

絶品です。

カレーは小さな器に入っているのですが、いただいてみると

意外と量が多くて驚きました。

ナンはおかわり自由ですが、余ったものはお持ち帰りできません

のでお腹と相談してから追加オーダーしましょう。

住所:北海道夕張郡長沼町銀座南1-9-9

電話:0123-76-7832

長沼はおしゃれなカフェがいっぱい

シャンディ ニヴァース カフェ

古民家を店主が改装して作った静かなカフェです。

店内の窓枠や建具が昔の家そのもので懐かしいですよ。

メインメニューのカレーは品数が少ないですが無農薬や低農薬

の野菜を使用しています。

毎年、白老町のトビウキャンプに出店していますが行列が

できるほどの人気店です。

インド風のスパイシーさと独特の味付けでクセになります。

 

住所:北海道夕張郡長沼町東4線南10号

電話:0123-76-7306

こぐま座

おもちゃ箱をひっくり返したような昭和の風情ただよる古民家

カフェです。

テーブル椅子やソファにちゃぶ台と好きな場所でくつろぐこと

ができます。

ママさんは占星術師で予約をすると占ってもらえます。

ランチはセットメニューがあり家庭的な味を楽しむことが

できます。

ドリンクとケーキのセットで懐かしい雑誌を読みながら長居して

しまいそうな空間です。

店内入り口には質のいい手鍬や切りばさみなど農作業の道具が

飾っており、もちろん購入もできます。

住所:北海道夕張郡長沼町東2線北9号

電話:0123-88-1765

珈琲考房

長沼町の小高い丘の上にあるこぎれいなカフェです。

1階は喫煙ができます。

おすすめなのは2階で夕陽の眺めがいい場所です。

長沼町は東に山があり、西に広い農地があるので夕陽が美しく

見えます。

カフェも夕陽の時間までオープンしているという、なんとも

のんびりしたカフェです。

コーヒー豆の販売もしており、美味しいコーヒーを飲みたい

方は珈琲考房がおすすめです。

ケーキの種類も多いのでコーヒーとの組み合わせを楽しみ

ながらくつろぐことができます。

 

住所:北海道夕張郡長沼町加賀団体

電話:0123-88-0820

インカルシ

長沼温泉の近くにできたカフェで、少し小高い場所にあります。

上品で綺麗なママさんが1人で経営している場所です。

小さな店内ですが3組くらいとカウンターがあります。

ママさん手作りのパンは優しい味でいい香りがします。

白を基調とした清潔な店内と英国風のカップがたくさん

並べられた店内は個性豊かです。

住所:北海道夕張郡長沼町東6線北5号

電話:0123-76-7091

野菜が美味しいから漬物も絶品

きたなが手づくり漬物村

長沼町では農家のおかあさんたちによる漬物や味噌などを

作っている団体が地域ごとにあります。

私がお気に入りだった場所は一軒家の敷地の中にある小さい

ログハウスの漬物屋さんです。

季節によって漬物が異なります。

一律1袋300円というわかりやすい値段設定です。

秋はキムチや大根の柚子漬けが絶品です。

とくに大根の柚子漬けは甘酢につけた大根と柚子の爽やかな

香りがぴったりですので、ぜひ試してみてほしいです。

めずらしいところでは大根のがっこです。

東北のいぶりがっこに似ていますが、燻製の香りを除いた

ような漬物です。

夏はアスパラの味噌漬けが美味しかったです。

苫小牧からも購入しに来るお客様がいるそうです。

毎年札幌のオータムフェストなどイベントにも出ているので

札幌の固定客も多い漬物屋さんです。

試食はできますが飲食スペースはありませんので購入して

お持ち帰りください。

 

住所:北海道夕張郡長沼町東6線北17号

電話:0123-89-2435

北海道といえばソフトクリーム

あいチュらんど

長沼温泉の帰りにどうしてもたべたくなるのが

あいチュらんどのソフトクリームです。

牛乳の爽やかな味が口に広がります。

どちらかと口当たりはサラサラしているので食べやすく

甘さも控えめです。

なのに濃厚なミルクの味がします。

千歳から長沼・岩見沢に抜ける通りなので来客が多く、行列

もできる場所です。

夜は9時過ぎまでオープンしているのでありがたいです。

 

住所:北海道夕張郡長沼町旭町1丁目12-7

電話:0123-88-1121

長沼あいすの家

いちごソフトと夕張メロンソフトが人気のお店です。

栗山店もあります。

いちごソフトは甘酸っぱくて濃厚なのにさっぱりしています。

長沼のソフトクリームは口当たりがよくて後味がすっきり

しているところが好きです。

夕張メロンソフトはまさしくメロンそのままの味です。

あいすの家はグラニータやパフェなどのメニューも豊富です。

*画像は栗山店のいちごソフトです。

住所:北海道夕張郡長沼町西11線南6号

電話:0123-88-0170

まとめ ちょっと行くなら長沼が面白い

長沼町は10年前に札幌から引っ越して8年住んでいました。

住んでいた当時は農家仕事をしていたのでたくさんの店舗を

訪問することができませんでしたが、お気に入りの場所は

ありました。

食べてお茶して神社に行って温泉に入ると1日が終わって

しまうくらい遊べる田舎が長沼町です。

とにかく長沼町は北から南まで車で直線を走ると30分も

かかってしまうくらいの広さがあります。

30分といえばそれほど遠くない距離に感じるかもしれません

が今回紹介した北のきたなが手作り漬物村から南の

シャンディニヴァースカフェまで約18kmの距離です。

長沼町の観光地といえばハイジ牧場や道の駅があります。

そして農産物の直売所もいたるところに存在しています。

直売所によってはどぶろくを置いてある「夢きらら」が

おすすめです。

長沼町は道内では珍しくどぶろく特区なんです。

私がおすすめできる場所は辻村もと子文学碑がある長官山です。

北広島市や札幌方面を一望できる場所でおすすめできます。

美味しい地物の食材をいただいて夕陽を眺めてからゆっくり

帰宅するのもいいですね。

ぜひ長沼町へ行ってみてください。

長沼町は車では近いのですが最寄りの駅はありません。

北広島市からはバスがながぬま温泉まで発着しています。

画像が見つからず、掲載できない店舗もありますが管理人が

2度以上訪れている店舗です。

現在はメニューが変更されている場合もありますので、ホーム

ページなどで確認してから来店ください。


SNSでもご購読できます。

記事投稿日をチェック

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

コメントを残す