個性豊かな顔がそろう由仁町のお店7選♫

2017年春にテレビ番組で元SMAPの中居くんが

美味しいと紹介された途端に「くにをの鮭キムチ」

の問い合わせ殺到で売り切れてしまった事件が

ありました。

その鮭キムチの店舗は由仁町にあります。

そんな話題になった由仁町には大手のスーパー

などはありません。

ホクレンショップが唯一あるくらいでホーム

センターや大手のドラッグストアもありません。

北隣に栗山町があるので車を持っていれば不便を感じることは

ない町です。

そんな由仁町ですが個性豊かなお店がたくさんあります。

個性的ゆえに冬期間は休業してしまうところも多いのが由仁町

の特徴だと私は思っています。

冬も営業しているところがあるので私がおすすめする冬でも

行けるところと、冬季休業しているけれど来春には行きたい

お店を今回は紹介します。

由仁町はどんなところ?

由仁町は札幌から国道274号線を東へ走ると約1時間のところ

にあります。

由仁町は農業がメインでコメ・野菜・ハーブや花など生産

しています。

千歳空港からも近いので移動も楽なところです。

交通は少し不便で千歳や札幌から乗り換えしなければ到着

できません。

ですが苫小牧と岩見沢からはそれぞれ乗り換えなしで1時間

くらいでアクセスできます。

田園風景が広がるのどかなところが由仁町です。

一見すると地味に見える町ですが、有名といえば

「ヤリキレナイ川」ではないでしょうか?

バラエティなどで取り上げられて有名になりました。

川の名前がなんとも残念ですがアイヌ語で「魚の住まない川」

または「片割れの川」という意味から来たと言われています。

さらに大雨が降るたびに川が氾濫するのでやりきれない思いを

することから名前がついたとも言われています。

冬にでも行けちゃうお店

ユンニの湯

札幌から来るお客が多く土日はよく混み合っているところが

ユンニの湯です。

お湯は濃いコーヒー色で湯上り後は肌がツルツルします。

美肌の湯と言われているそうです。

さすがに浴場内は撮影できませんのでご勘弁ください。

ユンニの湯はコーヒー色の主浴槽とすこしぬるめのお風呂

と露天があります。

さらに内風呂と露天には異なるハーブ湯があります。

ハーブ湯は定期的に種類が変わります。

露天は衝立に囲まれておらず、山の中腹にあるのでそのまま

の自然を眺めながら温泉に浸かることができるのは気持ちが

いいですよ!

もしかしたら野生の動物に出会えるかもしれません。

ユンニの湯は宿泊もできますし、お食事どころもあります。

休憩所もお座敷で広いのでゆったりお休みできます。

ソフトクリームはブルーベリーソースがけが絶品です。

北海道夕張郡由仁町伏見122番地

0123-83-3800

キッチンファームヤード

この近辺の田舎でスープカレーが食べられるお店です。

女性のシェフなのでガッツリ系ではなく優しい味の

スープスパイスという名前で出されています。

広大な農地の中に建物があり2階からは素晴らしい眺めを

見ながら料理を堪能できます。

1階にはカフェスペースとケーキも販売しているのでお持ち帰り

ができます。

もちろんスープスパイスをいただいたあとにデザートを

注文することもできますよ。

冬期間は一部お休みもあるのでホームページから営業のお知らせ

をご覧ください。

 

北海道夕張郡由仁町西三川913

0123-86-2580

はらぺこパンや

由仁町市街地から長沼町に抜ける山道の中腹に由仁ファームさん

が経営しているパン屋さんです。

店主さんの了承を得て撮影させていただきました。

薪ストーブが見た目にも暖かいですね。

調味料やオーガニックのコーヒーも置いてありました。

お昼くらいにはこの棚がパンで埋め尽くされるそうですが

オープン時の入店はこれくらいです。

由仁ファームさんの野菜も置いてあります。

お店の横には卵の自動販売機が置いてありました。

店内にはカフェスペースもあるので購入したパンとドリンクを

注文してひと休みできます。

周りはりんご園などがあり眺めのいい場所です。

 

北海道夕張郡由仁町山形138番地

0123-83-3736

土日祝日のみ営業

レトロボーイコーヒー

ゲストハウスも併設しているバー&カフェで山の登り口に

あります。

田舎には珍しく遅くまで営業しています。

本州から移住してきた元バンドマンの店主さんは物腰の

柔らかい方です。

自家製焙煎のコーヒーは香りがよくて、店内にいい香りが

広がっています。

店内はレトロな調度品で落ち着いた雰囲気です。

私は友人と落ち着いて話をしたい時にこちらを選ぶことが

多いです。

BGMもそれほどうるさくなく、耳が遠い私でも安心して

数時間くつろげるお気に入りの場所です。

いつもレトロボーイブレンドなので、次回はナポリタンセット

を食べたいです。

店内の画像がなくてごめんなさい。。

北海道夕張郡由仁町馬追153

0123-76-7267

毎週水曜日定休

おにぎりのあぜっこ

地元のお米を握りたてのおむすびとしていただくことが

できる食堂です。

食堂といっても綺麗なお姉さん(おばちゃんではないです)

たちが作ってくれます。

だからなのかわかりませんがお昼時はスーツ姿の男性が

たくさんいらっしゃいます。

おむすびは大小それぞれ注文できますので小腹が空いたとき

などは小さめおむすびと汁物でも満足感があります。

だし巻き卵やから揚げなどのサイドメニューもありますので

うれしいですね。

おむすびはほろほろとしていて、ふんわりしたご飯の食感が

たまりません。

 

北海道夕張郡東三川926

0123-86-2323

定休日 毎週火曜日と第4水曜日

冬は休みだけど雪が溶けたら行きたいお店

キャンドルショップKOKO

本州から移住してきたキャンドル作家さん2名の作品を展示

販売しています。

個性豊かなキャンドルや小物たちがお待ちしていますよ。

大小さまざまで私も友人の結婚祝いに購入しました。

枝が入った北海道の自然を感じさせるものもあります。

キャンドルの器も自分で工夫して探してみると素敵な空間を

演出できそうです。

カフェスペースも店内にあるのでお茶を飲みながら作品を

堪能できます。

 

北海道夕張郡由仁町中央46

土日のみ営業

1〜3月まで冬季休業

ギャラリーtetoteto

工房ワタリガラスさんが経営する陶器や小物の展示販売を

しているギャラリーです。

古民家の柔らかさをそのまま利用したギャラリーは陶器に

ぴったりですね。

ガラス作家、くまがいマナさんの可愛らしいガラス器も窓際で

光っていました。

ちなみにマナさんは東京出身で小樽出身の旦那様と由仁町に

移住してきました。

道内外の作家さん30名ほどの作品が展示されており、どれも

1点ものです。

こだわりの手仕事に感動しますよ!

 

北海道夕張郡由仁町山桝995

0123-86-2969

4月〜11月の土日月(祝)のみ営業

まとめ 由仁町は宝探しできる町

ほかにも小さなギャラリーやカフェがたくさんあるのですが

由仁町って道が複雑なのでなかなかたどり着けないことも

あるんですよね。

宝探しをするようにお店を探してみるのも楽しいかもしれません。

 

画像がなかったのでこちらで紹介しますが西三川にある

ギャラリー&カフェBENNUさんはオーストラリア人のご主人と

アメリカ人の奥様が経営している原色使いが美しいカフェです。

奥様の作った陶器を飾るギャラリー、そしてお店の奥には個性

豊かな魅力いっぱいのアクセサリーや小物、生活雑貨などを

販売しているスペースがあります。

私がお邪魔したときは手織りのカーペット販売をしており

素晴らしい手仕事のお話を聞くことができました。

ケーキとお茶で座敷に寝転ぶもよし、さまざまなスタイルで

なごめる場所です。

 

このように由仁町は地方から移住してきた作家さんがたくさん

いるところです。

由仁町に新しい風を送り込むように個性豊かな人たちが盛り

上げてくれているんですね。

千歳に近いので南側の三川あたりは雪が少なめで、静かな町を

散策するなら冬もおすすめです。

 

 

 


SNSでもご購読できます。

記事投稿日をチェック

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

コメントを残す