封印された神様 瀬織津姫にまつわる6の謎を探ってみよう

2016年にヒットした映画といえば「君の名は」です。

翌年まで話題に上がりブームとまで言われました。

「君の名は」は時空間を超えた男女が出会い彗星が

糸守町に落ちるという衝撃的な内容でしたが神話に

興味のある方なら織姫と彦星を想像したかもしれません。

その織姫のモデルが瀬織津姫(せおりつひめ)です。

しかし瀬織津姫は古事記にも日本書紀にも登場していません。

瀬織津姫は謎が多い神様なのです。

細かいところが気になるのが私の悪い癖です。

相棒の右京さんのようでもありますが、今回は瀬織津姫の

謎についてネット検索や書籍などを参考にして私なりに

調べたことをまとめてみました。

瀬織津姫の正体とは?

天照大神といえば岩屋に篭った女神として有名ですよね?

しかし実は男性の神様だったという説もあります。

男性版の天照大神(アマテル)の正体は、女神版天照大神

の弟であるスサノオの三男・饒速日命(にぎはやひ)です。

ニギハヤヒの妻が今回主役の瀬織津姫です。

それではなぜ瀬織津姫は隠されてしまったのでしょうか?

夫婦というものは2人でひとつ、まさしく陰陽を示します。

ニギハヤヒはアマテラスですからこの世に光を与える

和魂(ニギミタマ)です。

いっぽうの瀬織津姫は荒々しい作用でこの世を浄化させる

荒魂(アラミタマ)という性質があります。

でも荒魂も慈悲や愛情のひとつです。

それを私たち地球人は災いや不幸としてとらえてしまうのです。

たとえば、火山の噴火や地震などもそのひとつです。

影響を受けて被害に遭われた方や命を落としてしまった方も

いますが人類が地球にしてきたことの代償が荒魂の結果と

して現れてしまうのかもしれません。

その愛がとてつもなく大きいものであるために私たち人類が

苦しんでしまうのです。

たとえば日本は地震大国と言われています。

小さい地震なら日常茶飯事に起こっているのではないで

しょうか?

これも地球全体がバランスを取ろうとしているものだと

私は思います。

荒魂として災いの神として恐れられるあまり瀬織津姫は隠されて

しまったのではないでしょうか?

瀬織津姫は別名・大禍津日神(おおまがつひのかみ)とも

言われ金沢の瀬織津姫神社の御祭神として祀られています。

ちなみにオオマガツヒノカミは黄泉の国から帰ってきた

イザナギが禊(みそぎ)をしたときに誕生した神様です。

瀬織津姫を表す言葉

瀬織津姫はアマテラスの荒魂ということがわかりました。

そして瀬織津姫は水を守る神様であり龍神です。

穢(けが)れを祓(はら)う禊の神様でもあります。

夫のニギハヤヒがアマテルで太陽ということは瀬織津姫は

月でもあるということです。

月の神様の代表は私が大好きな月読命(つきよみのみこと)です。

太陽と月、陽と陰、和魂と荒魂、彦星と織姫の組み合わせから

対の性質が組み合わされる統合という言葉がキーワードとして

考えられます。

統合は鶴と亀が統(す)べる意味にも例えられるでしょう。

そして瀬織津姫はかぐや姫のモデルとも言われています。

なぜかぐや姫かというと求婚してきた帝や多くの男性たちに

課題を出し災いを与え成就させないような難題を仕掛けてきます。

結局はどの縁談もまとまらず、かぐや姫は月に帰ってしまいました。

共通した点が多いことから瀬織津姫はかぐや姫とも繋がりがあると

言われています。

また瀬織津姫は桜の神様でもあります。

桜の神様といえば木花佐久夜毘売(このはなさくやひめ)です。

そういうことからも瀬織津姫は月と桜の隠された神様の顔を

持っています。

古事記よりも昔に書かれた古文書「ホツマタエ」では

瀬織津姫はアマテラスの妃として紹介されているところから

縄文の女神とも言われています。

「君の名は」から見える瀬織津姫

映画「君の名は」(もちろん平成版です)に登場する対の2人は

宮水三葉と立花瀧です。

三葉が境内で巫女舞を披露するときの頭飾りは龍であり

瀧は龍神です。

宮水神社の神紋は紐が絡み合う五芒星の形をしています。

市長室には陰陽のポスターが貼られていたり、終わりに登場

する階段は四谷の須賀神社でスサノオが御祭神です。

映画全体のメッセージは人と人、あの世とこの世、異なる

時間の結びをテーマにしたものです。

組紐は組み合わさっては離れ絡み合い形を成していきます。

糸も細い繊維が絡み合い繋がり縒り合わせられて1本の長い

糸ができあがります。

なかなか出会うことができない2人はまるで彦星と織姫の

ようですし、龍に関する情報がこの映画に多いことでも

瀬織津姫に関わるキーワードが多いのではないかと思い

ました。

全国で瀬織津姫を祀っているおもな神社

(画像は錦岡樽前山神社です。鈴縄の房が割れているのは私がチェックした痕跡です)

  • 六甲山の六甲比売神社
  • 兵庫県龍野の井関三神社には夫のニギハヤヒも同居
  • 岩手県の桜松神社
  • 滋賀県の左久奈度(さくなど)神社
  • 東京都の日比谷神社
  • 福島県の宇奈己呂和気(うなころわけ)神社
  • 静岡県の池宮神社

などが瀬織津姫が御祭神として表示されている神社です。

北海道では函館市に近いところの

  • 檜山郡厚沢部町の滝廼(たきの)神社
  • 爾志郡乙部町の八幡神社

があります。

そして瀬織津姫は隠された!

690年から即位した41代・持統天皇が瀬織津姫を神社から

封印してしまいました。

そして神社の御祭神を瀬織津姫以外にするよう命令して

います。

ほとんどの神社は意図的に変えられてしまいました。

たとえば弁財天や大山津見神などに変えられています。

荒魂ということで禍いをもたらす神でもあり

天照大神の妻の存在が政府としては邪魔だったのかも

しれません。

苫小牧にも瀬織津姫が隠されていた!

瀬織津姫は樽前山神社に江戸時代まで祀られていました。

アイヌ語で「タオロ・マイ・エトコ・ヌプリ」の樽前山は

樽前川の水源の山という意味があったそうです。

江戸時代初期、は仏師円空が蝦夷地で樽前山の噴火を鎮める

ための観音像を製作しました。

5体のうちの1体は豊浦町礼文華の洞窟に朽ちた状態で

残されています。

ほかには洞爺湖の観音島、千歳市の千歳神社弁天堂、釧路の

厳島神社と苫小牧の錦岡樽前神社にあります。

苫小牧にある観音像は背部に「たるまえのたけごんげん」と

記されています。

瀬織津姫に関する文献を多く出版している菊池展明さん著の

「円空と瀬織津姫」によると円空が彫った仏像は瀬織津姫を

中心としているそうです。

明治の文献では現在の北海道神宮権宮司兼開拓史の菊池重賢氏が

調べた結果、樽前山神社の御祭神は瀬織津姫ということが判明

されています。

樽前山神社は現在

大山津見神(おおやまつみのかみ)

久久能智神(くくのちのかみ)

鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)を祀っています。

明治7年には明治政府の勅命で樽前山神社の瀬織津姫は

大山津見神に変えられてしまいます。

封印されてから1400年後も御祭神の書き換えが遂行されて

いたということです。

円空が彫った「樽前権現像」は1666年の制作から2016年で

350年を迎えました。

あの松浦武四郎氏も樽前山神社で樽前権現像が祀られている

記録を「初稿蝦夷日誌」で記しています。

普段、拝見することはできませんが正月と6月の例大祭では

拝めるかもしれません。

なぜか私は初詣に行ったにもかかわらずお目にかかることが

できませんでした。

まとめ 謎が多い瀬織津姫

図書館で資料を探したのですが瀬織津姫に関する文献は

ありませんでした。

販売されている書籍も少なくてスピチュアルな内容のブログ

記事では見られるものの参考になりそうなものはわずか

でした。

そのなかでも、私の疑問がスッキリするようなところを

拾い出して今回まとめてみました。

参考にした書籍はリンクを貼っておきます。

瀬織津姫は荒魂で激しい現象を引き起こす作用があります。

愛とは大切に甘やかすだけではありません。

ときには厳しくムチを振るうこともあるでしょう。

そうでもしなければ私たち人間はわからなくなって

しまったのかもしれません。

数年前に阿寒湖へ行ったとき偶然にも白龍神社を見つけ

ました。

小さな古い祠なのに強く惹かれた思い出があります。

阿寒湖近くの目立つところには阿寒岳神社があります。

そこから数分歩いた場所の稲荷神社の奥にひっそりと

白龍神社がありました。

阿寒湖の白龍神社も瀬織津姫と関係性が深いそうです。

瀬織津姫とは関係ないと思いますが、栗山町の

小林酒造にある歴史的建造物・小林家の敷地内に

祀られている白蛇神社はなかなか風流なのでおすすめです。

話が逸れてしまいましたが、瀬織津姫は謎に包まれた

神様なので、御祭神が弁財天や大山津見神(大山祇神)と

表記されていれば瀬織津姫が関係して入るのではないかと

推理を働かせてみるのも面白いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


SNSでもご購読できます。

記事投稿日をチェック

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

コメントを残す