2月に制定された初午の日は稲荷神社から始まった!

最近、コンビニでいなり寿司のコーナーが

広げられています。

これは初午(はつうま)という行事に

ちなんだものだそうです。

いなり寿司のバリエーションを増やして

購買数を増やす店側の戦略で、私たちも

ついつい乗せられて購入してしまうでしょう。

普段見られないようなタイプのいなり寿司

なので見てしまうとついつい買ってしまい

ますね。

ただ初午という言葉は昔から存在するもの

であり神社にも関わるお話なので、初午と

いなり寿司について今回は紹介します。

初午とは?

午(うま)は十二支のひとつです。

カレンダーには日ごとに干支が書かれたものもありますが

2018年の2月は7日が初午に当たる日でした。

日にちもそうですし、毎年干支も異なります。

もちろん時間も干支で表すことができます。

ちなみに午の刻は11時〜13時を指します。

十二支に当たる日は12日に一度巡ってきます。

2月の午の日は2〜3度くらいありますが、その初めの日を

初午といいます。

2回目の午の日は二の午で3回目は三の午です。

昔、初午の日には稲荷神社で油揚げを奉納する習わしが

ありました。

奉納する起源は711年、京都伏見稲荷神社に祀られている

農業神である宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)が初午

の日に伊奈利山(稲荷山・いなりやま)へ降臨しました。

以降、初午の日には五穀豊穣を願うお祭りに定めています。

五穀豊穣のほかには商人のための商売繁盛や家庭向きに

家内安全を願うお祭りとしても初午は知られています。

旧暦で2月の初午は現在の3月にあたり稲作を始める時期

でもあります。

土作りから始まりタネを蒔いて実が順調に育つことから

習い事を始めるにも初午が良い時期とされています。

なぜ、いなり寿司なの?

稲荷神社では神の使いとして狐が祀られています。

稲荷神社で見られるのは狛犬ではなく狛ぎつねですよね?

昔から狐の好物が油揚げと言い伝えられてきました。

ちなみにですが、実際に生息するキツネは小動物や昆虫や

木の実などを捕食しています。

 

神の使いの狐が好物であるかは実際に確かめることはでき

ませんが、人々は油揚げを初午の日にお供えしていました。

そして油揚げを使った料理のことを稲荷(いなり)といい

ます。

その後、油揚げのなかに酢飯を入れたものをいなり寿司と

呼び初午の日にいただくようになったそうです。

また御祭神であるウカノミタマノカミが五穀をつかさどる

ため、米俵に似せたいなり寿司を食べるという説もあります。

いなり寿司は東日本では俵形ですが西日本では狐の耳に

見立てた三角の形をしています。

いなり寿司のほかに北関東では「しもつかれ」という鮭と

鬼おろしですった大根や油揚げと酒粕の煮付けをいただく

風習があります。

体が温まりそうですね。

バランスがとれるいなり寿司

米と油揚げだけですが意外にも栄養価の高いのがいなり

寿司です。

いなり寿司はタンパク質・脂質・炭水化物の3大栄養

バランスがちょうどいい食品です。

体を構成する栄養素はタンパク質に入っている必須

アミノ酸です。

ご飯はその必須アミノ酸のリジンが不足しています。

その点、油揚げはリジンを多く含んでいるため良質な

タンパク質を摂ることができます。

さらに、いなり寿司は血中のコレステロールを減らす

作用の不飽和脂肪酸や大豆イソフラボンが含まれています。

酢飯は血中に含まれる脂質を低下させたり、疲労回復にも

効果があるそうです。

いなり寿司は北に行くほど味付けは濃く、南に行くほど

薄味なのが一般的なようです。

ちなみに私は甘みのある薄味が好きです。

全国の稲荷神社

稲荷神社の総本社は京都市にある伏見稲荷大社です。

稲荷神社のシンボルである赤い鳥居は「稲荷塗り」

と言われています。

赤というより朱に近いかもしれませんね。

朱は「あけ」であり赤や明や茜などの明るい希望を

意味しています。

稲荷神社の千本鳥居は名所です。

全国に稲荷神社は約4万社あります。

まとめ 大豆は大事

私が働いていた農家では連作をしないように芋と小麦

と大豆を年ごとに変えて栽培していました。

北海道の大豆は2016年においては国内の約35%が生産

されているほど代表的な作物であり大きな規模で育て

収穫されています。

大豆って油揚げもそうですが、豆乳に豆腐に納豆に湯葉

など加工品のバリエーションも豊富です。

つい先日、恵方巻きが終わったと思えば今度はいなり

寿司です。

今年の初午は2月7日ですが、毎年異なるため全日本

いなり寿司協会が2月11日を「初午いなりの日」として

2017年に制定されたようです。

そんな、いきなり制定されたものだから、私もニュース

を見て初耳なものですから慌てて初午から調べました。

まさしく、ここでいなり寿司の話をしていたら、協会

のいいなりですよね(笑)

流行のものを追うのではなく、私はその背後にある

古事記や神社などが好きなので、ルーツを今回は紐解いて

みようと思いました。

ところで稲荷神社の御祭神であるウカノミタマノカミは

古事記においては宇迦之御魂神と呼ばれており、日本書紀

では倉稲魂命(うかのみたまのみこと)と呼ばれています。

ウカノミタマノカミは伊奘諾(いざなぎ)が黄泉の国から

戻ってきたときに禊をして生まれた須佐之男命

(すさのおのみこと)と神大市比売(かむおおいちひめ)

の間に生まれた神です。

神大市比売とは山を司る大山津見神の子です。

大山津見神といえば全国の神社から瀬織津姫が隠された

ときに取り代えられた神様です。

自分の興味のあるものと繋がりが発見できれば探究心も

広がります。

初午と稲荷神社の繋がりはなかなか面白いものでした。

また新しい発見があれば解説しようと思います。


SNSでもご購読できます。

記事投稿日をチェック

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

コメントを残す