初心者でも覚えておきたいフィギュアスケートは4分のドラマ

冬はフィギュアスケートの競技が活発です。

世界選手権や4大陸大会など国内外の競技がテレビでも

見られるでしょう。

2018年はオリンピックで盛り上がっている最中ですが

競技の内容を知っておくとジャンプの種類や加点に

ついてわかりやすいのではないでしょうか?

私も長年フィギュアスケートのファンですが採点法

など知らずにいたので、この機会に覚えたいと

思います。

大きく2つに分かれる演技

フィギュアスケートの競技はSPと表記されるショート

プログラムとFSと表記されるフリースケーティングに

分けられます。

それぞれの競技について簡単に説明します。

ショートプログラム

  • 演技時間は2分40秒に前後10秒の差
  • 7個のエレメンツ(必須要素)を演技することが条件
  • アクセルジャンプ
  • ステップからのソロジャンプ
  • コンビネーションジャンプ
  • 3つのスピン
  • ステップシークエンス

フリースケーティング(男子)

  • 演技時間は4分30秒に前後10秒の差
  • 13個のエレメンツを演技することが条件
  • 8つまでのジャンプ
  • 3つまでのスピン
  • ステップシークエンス
  • コレオグラフィックシークエンス

フリースケーティング(女子)

  • 演技時間は4分00秒に前後10秒の差
  • 12個のエレメンツを演技することが条件
  • 7つまでのジャンプ
  • 3つまでのスピン
  • ステップシークエンス
  • コレオグラフィックシークエンス

フリーの競技時間と内容は男女異なるんですね。

ジャンプとスピンは言葉の通りなのでフィギュア競技を見て

いる方はわかりやすいかもしれません。

コンビネーションジャンプとは?

連続ジャンプの2つ目はトウループかループジャンプのどちら

かです。

着氷するときは右足なのでジャンプする前に踏み切る右足と

いうと2種類に限定されるからです。

3回転ループを2つ目か3つ目に持ってくると難易度と得点が

高くなります。

ちなみにコンビネーションジャンプは3回までという決まり

です。

ステップシークエンスとは?

リンクの端から端まで繰り広げられる飛んだりターンしたり

スキップのような足さばきのことをいいます。

ターンが6種類とステップが7種類がレベル認定されており

それが多く含まれているほどレベルが上がります。

ステップシークエンスには3種類あります。

  • ストレートラインステップ:リンクの長辺または対角線をまっすぐ進む
  • サーキュラーステップ:大きな円を描くように進む
  • サーペンタインステップ:リンク全体を波のように進むステップ

基礎点はレベルBの1.5からレベル4の3.9まであります。

基礎点に加減点が追加されます。

コレオグラフィックシークエンスとは?

一般的にはコレオステップシークエンスと呼ばれています。

2012年のシーズンからフリースケーティングの必要な要素として

追加されました。

ステップシークエンスのあとに行われる演技です。

要素はステップ、ターン、スパイラル、アラベスク

スプレッドイーグル、イナバウアー、ハイドロブレーディングと

繋ぎのジャンプにスピンなどあらゆる種類の動作を盛り込んだ

ものです。

レベル判定はなく基礎点2.0が与えられ加減点も追加されます。

基礎点のみなのにトリノオリンピックで金メダルを獲得した

荒川静香選手はイナバウアーを美しく披露してくれました。

点数に関係なく自分の演技を追求する姿は美しかったですね。

フィギュアスケートはさまざまな滑り方が複雑に組み合わさった

ものなんですね。

スピンについて

スピンはその場で足を軸にして回転する動作をいいます。

スピンの種類はアップライトから足変えコンビネーションまであります。

レベルはBから4まで設定されており、基礎点は1.0から3.5までです。

種類の点数はあまり高低差はなくレベルで異なります。

ジャンプの種類と点数について

ジャンプは6種類あります。

一般的に反時計回りでジャンプしています。

  • トウループ:右足で後ろ向きに入り右足の外側で踏み切る、トリプルは4.3点、4回転は10.3点
  • サルコウ :左足で後ろ向きに入り左足の内側で踏み切る、トリプルは4.4点、4回転は10.5点
  • ループ  :右足で後ろ向きに入り右足の外側で踏み切る、トリプルは5.1点、4回転は12.0点
  • フリップ :左足で後ろ向きに入り左足の内側で踏み切る、トリプルは5.3点、4回転は12.3点
  • ルッツ  :左足で後ろ向きに入り左足の外側で踏み切る、トリプルは6.0点、4回転は13.6点
  • アクセル :左足で前向きに入り左足の外側で踏み切る、トリプルは8.5点、4回転は15.0点

これに回転数1〜4までが加わります。

ちなみにランクはトウループが低くてアクセルが高くなります。

1回転トウループは0.4で4回転アクセルが15.0までの基礎点が

与えられています。

基礎点にGOEという演技審判が判定するできばえが-3〜+3まで

加点されます。

演技を失敗したらどうなるの?

ジャンプで転倒したら基礎点から1点が減点されます。

1/2〜1/4の回転不足なら基礎点の70%が加点されます。

1/2以上の回転不足ならダウングレードの評価で1ランク低い回転

とみなされます。

トリプルアクセルからダブルアクセルに降下してしまうという

ことですね。

まとめ 内容を知ってさらに楽しめる

運動が嫌いな私が得意なスポーツが野球とフィギュアスケート

でした。

地元がスケート都市なので小学校に入ると必然とスケートが

授業に盛り込まれます。

まず初めにスケート靴を選択します。

女の子は大抵フィギュアで男の子はホッケーですが、まれに

高みを目指す子はスピードを選んでいました。

私は簡単なフィギュアスケートでした。

フィギュアスケートの歯はつま先がギザギザです。

つま先を立てると氷の上で止まれるようにできています。

そして底面は平らなので比較的氷の上で立ちやすく設計されて

います。

いっぽうでホッケーやスピード靴は底面も尖っているので立つ

ことすら簡単ではありません。

身近に存在していたから私の中では靴の歯で立つ感覚とか未だに

覚えています。

スケートは数分滑っているだけで足首が疲れます。

しかも硬い氷の上ですから足にかかる負担も相当なものかも

しれません。

不安定な靴を履いてジャンプするとか信じられませんが、あの

レベルに達するまでは相当な訓練の賜物があるから私たちを

魅了してくれるのかもしれませんね。

そんなことを思いながら氷の上の華麗な競技をこれからも

楽しみたいものです。

 


SNSでもご購読できます。

記事投稿日をチェック

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

コメントを残す