桜にゆかりのある神様って誰?北海道で咲く3本の桜も紹介!

桜の開花が北上しており、北海道もいよいよ

4月末から前線が上陸してきます。

桜は日本を代表する樹木であり、毎年時期

にはニュースになるほどの有名な春を彩る花です。

一般的には開花時期や桜の名所などを紹介する

かもしれませんが、こちらはマニアックなサイト

ですから、神様や桜にまつわる豆知識などの

視点から掘り下げてみたいと思います。

桜の語源

 

春になると山の神様は桜に宿ると言われていました。

神様は里に降りて田植えが終わるまで滞在していた

そうです。

天照大神より以前に信仰されていたサの神様が休む

ところを御座(みくら)といい、そこから「さくら」

という名前が生まれたといわれています。

また日本の神様である木花佐久夜毘売

(このはなさくやひめ)から由来されたともいわれて

います。

木花佐久夜毘売とは?

絶世の美女だったお姫様

古事記では木花佐久夜毘売で、日本書紀では木花開耶姫

と記します。

コノハナサクヤヒメは山の守り神である大山祗神

(おおやまづみのかみ)の娘です。

コノハナサクヤヒメは絶世の美女だったそうで、天照大神

の孫にあたるニニギノミコトが一目惚れした女神です。

コノハナサクヤヒメの姉には石長比売(いわながひめ)

がいました。

ニニギノミコトはコノハナサクヤヒメを妻にもらいたい

とオオヤマヅミノカミに申し出ます。

オオヤマヅミノカミはイワナガヒメも一緒に妻にする

ことを条件に二人の娘を嫁に出しました。

ところがイワナガヒメは美しいとは言えない神様でした。

そのためニニギノミコトはイワナガヒメをオオヤマヅミノカミ

の元へ返したのです。

コノハナサクヤヒメは桜が一斉に咲くように繁栄する神様で

あるいっぽうで、イワナガヒメは長寿の神様です。

ニニギノミコトがイワナガヒメを拒否したことから人間は

寿命が短くなったと言われています。

コノハナサクヤヒメと縁の深い場所

水の神でもあるコノハナサクヤヒメは富士山の神霊でも

あります。

富士山の浅間大社にはコノハナサクヤヒメが御祭神として

祀られています。

ほかには神奈川県の箱根神社に奈良県の

當麻(たいま)山口神社などがあります

當麻山口神社と聞いて麻好きの興味が湧いたのですが

やはり大山祗神(大山津見神)が御祭神です。

瀬織津姫が神社から隠されたときに取り替えられた御祭神

として知られています。

こちらの記事にも詳しく掲載しているので参考として

ご覧ください。

コノハナサクヤヒメは瀬織津姫とも関連性が高いでしょう。

コノハナサクヤヒメのご利益は?

コノハナサクヤヒメは農業・漁業・お産・火難除け・織物業

にご利益があり

山と水と火と酒造の神様として祀られています。

万能ですね。

ソメイヨシノはクローンだった

美しい桜といえばソメイヨシノです。

ソメイヨシノは絶世の美女であり桜版・コノハナサクヤヒメ

そのものではないでしょうか?

実はソメイヨシノはタネから生まれた樹木ではなくクローン

です。

枝を切り取り接木して全国に植えられました。

ソメイヨシノが一斉に咲くのは一本の木から分けられた

ものだったからなのですね。

北海道で咲く桜はどんな種類があるの?

ソメイヨシノ

  • 花の柄に細かい毛がある
  • 花びらは5枚
  • 花びら1枚に切り込みが1ヶ所ある
  • 桜が咲くと同時に葉が出ていない
  • 咲き始めは淡い赤色で満開になると白くなる
  • 北海道では石狩市の戸田記念墓地公園の桜が北限

ソメイヨシノは全国的に有名なので、わかりやすく箇条書き

にしてみました。

エゾヤマザクラ

オオヤマザクラともいわれているエゾヤマザクラは寒さに

強く咲く時期も長いのが特徴です。

エゾヤマザクラは葉も一緒に出るのでピンク一色とはいきません。

それでも濃い紅色は美しいですね。

エゾヤマザクラは実がなります。

夏に向けて緑〜赤〜黒へと変色し鳥が好んで食べるそうです。

私たち人間の食用には適さないらしいです。

チシマザクラ

道東や道北を中心に咲いているのがチシマザクラです。

チシマザクラは3~5mと背が低く枝が横に伸びているのが

特徴です。

白い花を咲かせるチシマザクラは咲き始めは薄い紅色で

終わりごろは紅色に変化します。

1週間から10日と咲いている期間が長いので日本の桜の

エンディングを飾ってくれるのにはぴったりですね。

まとめ 春の到来を告げる桜は妖しい魅力がいっぱい

梶井基次郎の「桜の樹の下には」という小説にもあるように

人間の養分を吸収しているから紅色になるというのは想像上

の話ですが、それほど魅力的な美しさが桜にはあるという

ことです。

また2018年に公開された「北の桜守」という映画でもある

ように桜のていれを仕事にしている人もいます。

さらに桜専門の樹木医も存在しています。

好きなものや興味がわくことを仕事にしている人は私たちの

知らないところにたくさんいるんですね。

それだけ桜には多くの人を魅了させる魅力があり、一本の

桜を少しでも長生きさせようとする活動もしています。

儚げに見える桜は意外と長寿で、環境と管理状態がよければ

枯れることはありません。

東京都・小石川植物園の桜は江戸時代から咲き続けています。

ですから桜は美しいコノハナサクヤヒメと長寿のイワナガヒメ

なのではないかと思いました。

私も近所の公園へ桜見学に行くことがありますが、見分け方

を覚えたので早速参考にしてみたいと思います。

フラクタル好きの私としては枝分かれの光景をしばらく

見られないのは少し残念です。


SNSでもご購読できます。

記事投稿日をチェック

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

コメントを残す