勤労感謝の日と新嘗祭の関係ってなに?11月23日の謎を分析!

11月23日は勤労感謝の日です。

私たちにとって勤労感謝の日は学校や仕事が休みに

なる嬉しい日です。

ところが本当は別の意味があったのです。

平成の時代がいよいよ終盤を迎えた新嘗祭にも

関係していたのです。

今回はそんな勤労感謝の日と新嘗祭について紹介します。

勤労感謝の日とは?

勤労感謝の日は国民の祝日として1948年に制定されました。

勤労感謝の日の趣旨は

「勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝し合う」

です。

アメリカにはThanksgiving Dayという感謝祭がありますが

それにならったものが日本の勤労感謝の日とも言われています。

私たちは子供の頃「毎日働いてくれるお父さんお母さんに感謝する日」

として教えられてきたと思います。

1948年は戦後です。

それまでは「勤労感謝の日」でなく「新嘗祭」でした。

新嘗祭についてはあとで説明しますが、天皇と麻に関する

行事だったのです。

新嘗祭とは?

宮中や各地の神社で執り行われる五穀豊穣に感謝する

お祭りを新嘗祭といいます。

新嘗祭は(にいなめさい・しんじょうさい)と呼びます。

新嘗祭の起源は天照大神が行ったのが初めてと言われています。

毎年行われるようになったのは元禄時代だそうです。

天皇陛下は皇居内で田植えもしており、そこでできたお米は

新嘗祭にも使われます。

詳しくはこちらの記事でも説明しています。

2019年から新しい元号に!関連する情報をまとめてみた

2018年の北海道は台風の影響などにより農作物全般に

おいて五穀豊穣とは言えませんでした。

それでも稲作においては例年通りの収穫だったと今回の

新嘗祭において町長がお話ししていました。

神々に供える収穫物は五穀(麦や稲に大豆などの5種類の穀物)

や野菜などです。

2018年は平成天皇が執り行う最後の新嘗祭です。

2019年は現在の皇太子さまが天皇に即位して初めての

新嘗祭、すなわち大嘗祭(だいじょうさい)として

執り行われます。

大嘗祭には三木家のアラタエがいよいよ登場します!

天皇が皇居内で行う新嘗祭は暖房もない過酷な環境で

23日の午後6時から白絹の御祭服を纏った天皇陛下が

午後8時まで「夕の儀」を執り行います。

そして午後11時から翌日の午前1時まで「暁の儀」を

執り行い4時間もの長い儀式で国民への幸福の祈りと

供え物に感謝して直会(なおらい)で供物を

召し上がるのです。

ただし、近年においては過酷な行事のため短縮したり

暁の儀でのお出ましはやめているそうです。

実際に新嘗祭に参加してみた

管理人が住む栗山町の栗山天満宮では本日11月22日に1日早い新嘗祭が

執り行われました。

幸運にも式典に参加できたので、その様子を少しご紹介いたします。

新嘗祭は栗山天満宮の本殿で執り行われました。

30分後に餅まきがあるので町内の方々が数人外で待っています。

私はどうしても新嘗祭を実際に見たいと思ったので

社務所で参加できるかどうか聞いてみました。

婦人会の方が本殿に聞きに行くと参加してもOKということなので

早速本殿に言ったのですが、女性は婦人会の数人だけで

あとは長老と呼ばれるような方々と町長や町内の有志のかたでした。

場違いなところに来てしまったと一瞬戸惑いましたが

OKいただいたので遠慮なく後ろに用意された椅子に腰掛けます。

神殿の前にはたくさんの農作物やお酒などが三方に乗せられていました。

司会進行役の方が

「これから新嘗祭ならびに大麻奉納祭を執り行います」

というような案内をしました。

新嘗祭は神宮大麻にも関連するのでしょうか?

そのあとは祝詞をあげたり、何度か立ったり座ったり

宮司さんが神殿の扉を開ける際は参加者が下を向いて

神様を見ないようにするのも礼儀作法ということが

わかりました。

御簾の向こうの天皇のような感覚でしょうか?

宮司さんは今年とれた稲を神殿に捧げるため何度か

階段を上がって御簾の向こうの神様に供物を捧げて

いました。

扉が開くときと閉まる時は「ゴゴーーーーッ」と

大きな音がしました。

その後は参加者が玉串をつつしんで供えます。

これは玉串奉奠(たまぐしほうてん)という儀式です。

玉串は榊に紙垂(しで)という白い紙と精麻が

結びつけられていました。

台の上に玉串を置き2礼2拍手1礼します。

このような流れで45分くらい新嘗祭は執り行われました。

そのあとは餅まきです。

雪が舞う中、餅も舞っています。

この時ばかりは腰の曲がった長老達も素早く餅を拾っていました。

もちろん新米のもち米で作った餅です。

餅は「福餅」と呼ばれる縁起物です。

9つの福をいただきました。

新嘗祭と麻の関係とは?

なぜ栗山天満宮では「大麻奉納祭」という儀式があるのでしょうか?

これは全国でも執り行われているのかは、ほかの新嘗祭には参加したことが

ないため確定はできません。

ただ栗山天満宮のある場所は以前、製麻工場がありました。

そして近くの看板を見ると「麻生会」という地元の会があるようです。

日本古来からの大麻は農作物であり、神宮大麻ともいわれお札として

用いられ、神社には欠かせない植物であることから「大麻奉納祭」

の意味合いもあるのではないかと私は思います。

ですが、本当のところはわからないので私の推測です。

まとめ 新米を食べよう!

新嘗祭が終わると、ようやく私たちは新米を食べていいのだそうです。

日本は古くから新嘗祭は存在し、戦後GHQの支配により

「勤労感謝の日」と名称は変わってしまいましたが、いまだに皇居や

神社では厳かに行われています。

冬に準備をして春にタネをまき、長い月日をかけて作物が実ります。

実ったことに感謝して、作った人にも感謝して大地の恵みを

いただきたいものですね。

 

関連記事

五穀豊穣を司る神様は嫉妬するの?5人の女神を紹介!

 

 

 


SNSでもご購読できます。

記事投稿日をチェック

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

コメントを残す