北海道の短い夏を堪能するのにオススメの野外フェス7選

夏といえばフェスです!!

全国には数日館に渡って繰り広げられる音楽イベント

が近年はたくさん増えました。

特に日本の4大フェスといえば・・・・

FUJI ROCK FESTIVAL

ROCK IN JAPAN FESTIVAL

SUMMER SONIC

RISING SUN ROCK FESTIVAL

ではないでしょうか?

大きなフェスもいいですが北海道にも個性的なフェスがたくさんあります。

道民による道民のための北海道フェスを今回は紹介します。

SAPPORO CITY JAZZ  札幌シティジャズ

2007年から始まった札幌シティジャズは7月上旬から8月下旬のおよそ

2ヶ月間開催されます。

「札幌がジャズの街になる」をキャッチコピーに野外野ジャズフェスや

イベントなど趣向を凝らしてたくさんの札幌住民に愛されているイベントです。

開催地は札幌の中心部である大通公園と南部の札幌芸術の森など数カ所

で開催されています。

ほかには札幌地下歩行空間の数カ所に特設ステージを設置したりホテルの

ロビーや駅など普段コンサート会場に使用しないようなところもあります。

そのため札幌中心部を歩けばジャズが聞こえてくるような音楽好きには

たまらないのではないでしょうか?

たとえば大通西2丁目に設置されたサッポロミュージックテントは食事と

ともにジャズのライブを楽しむことができます。

出演ミュージシャンはジャズの大御所からアマチュアミュージシャンまで

登場しています。

2017年は360組を超えるミュージシャンが演奏を繰り広げている大規模な

イベントです。

出演者は渡辺香津美や小野リサに日野皓正など有名なアーティストが

日替わりで登場します。

札幌シティジャズのチケットについてはサッポロミュージックテントは

全席指定で公演によって異なりますが2,500円~6,000円です。

立ち見席は1,500円で観覧できるライブもあります。

地下街やロビーなどはもちろん無料で観覧できますので買い物のついでに

気軽に楽しむことができそうですね♪

室内で開催されるライブが多いので日光対策などは必要ありませんが

あらかじめホームページでチェックしておいたほうがいいかもしれませんね☆

SAPPORO CITY JAZZのホームページ

JOIN ALIVE ジョインアライブ

2010年から始まったジョインアライブの会場は札幌から車で約30分の

岩見沢市にあります。

いわみざわ公園内にステージを設置して主に国内アーティストがライブを

繰り広げます。

メインステージは野外音楽堂のキタオンで公園内には遊園地があり園内で

遊ぶこともできるので家族連れが多いイベントかもしれません。

ジョインアライブは7月中旬の土日に開催されます。

ですが出演するアーティストはロック系を中心としたバンドが多いのが

特徴です。

その中にテレビに登場する有名人も何組か登場しています。

2017年はおよそ80組のアーティストが登場しました。

ちなみに観客として野外フェスに参加することを参戦と表現することが

あります。

チケットは2日間の通し券で18,000円です。

駐車場は会場内と会場外に設置しています。

会場外の駐車場は会場から離れているためシャトルバスを無料で利用

できます。

会場内にはテントサイトがありテントを持参して宿泊ができます。

食事ブースを設けてあるので岩見沢周辺のグルメを堪能できるでしょう。

ほぼ屋外で開催されているので日よけ対策は各自万全に整えておいた

ほうがいいかもしれません。

雨が降っている場合に傘は周りの人に迷惑をかけてしまうのでレイン

コートを着用しましょう。

私は2010年~2013年まで参戦しました。

JOIN ALIVEのホームページ

RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO  ライジングサンロックフェスティバル

1999年に初めて開催された日本で初めての本格的なオールナイト野外型

のロックフェスティバルです。

8月のお盆あたりの金曜日から日曜日の朝まで毎年開催されています。

開催1年目のステージは1ヶ所で出演ミュージシャンは15組でした。

2016年には7ステージを設置し出演ミュージシャンは全107組で

総入場者数は67,000人と石狩湾新港の広大な土地に2日間だけの

大きな街を長期間にわたって準備します。

出演者は国内のミュージシャンが中心です。

7つのステージのほかにもDJブースや小さなステージが数カ所ある

ので気軽に音楽を楽しむことができるでしょう。

会場はステージがたくさんありますがテントサイトが大きく3ヶ所に

集結しています

ライジングサンロックフェスは細かいルールがなく北海道らしく自由な

雰囲気で楽しむことができます。

北海道のグルメも堪能でき広い敷地内はメインのステージから一番遠い

ステージまでおよそ30分かかりますので体力を考えながら見る順番など

ペース配分を決めて管理していくことが大切です。

かなり歩くのでスニーカーと楽な服装がいいでしょう。

それとタオルと帽子は日除けと砂埃を避けるために必要です。

土曜日から日曜日まで夜通し開催されますが工業地帯の一角なので

大音量でも住民の迷惑にはならないところが北海道らしいかもしれま

せんね!

雨が降る場合もあるので天気予報を見ながらレインコートと長靴も

用意したほうがいいでしょう。

1度土砂降りの日もありましたし集中豪雨後の開催で会場が水浸しに

なった年もありました。

会場へのアクセスは自家用車かバスです。

シャトルバスは札幌市の地下鉄麻生駅から運行しています。

通し入場券は18,500円で加えてテントサイトチケットや駐車場を

購入します。

私は2000年と少し間を空けて2004年からは宿泊して毎年参戦して

います。

RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZOのホームページ

宇宙の森フェス

道東のロケットの開発でも最近は話題の大樹町にて宇宙の森フェスは

9月に1日だけ開催されます。

大樹町は帯広市から高速道路を経由して1時間ほどのところにあります。

大自然の中でアートや音楽を楽しむことができ2016年から始まりました。

入場券は前売り券は4,000円です。

また当日ドリンクやキャンプサイトがついた宇宙の森フェス満喫チケットも

7,000円で用意されています。

フェス好きな地元の若者たちが手作りで開催しています。

北海道は大自然の中でフェスを楽しめるのが魅力ですよね♪

駐車場から会場まではシャトルバスを利用します。

出演アーティストは2017年は8組と少なめですが地元の飲食店が軒を連ねて

おり雑貨も揃っています。

大自然の十勝ならではの体験ができるのも目玉ですね!

航空宇宙本物体験ブースはロケット作りやVR体験などワークショップで

ロケット開発を身近に体験できるのはうれしいかもしれません☆

またキャンプもできて翌日の午前まで滞在できます。

9月の開催なので朝晩は寒いことを覚悟してキャンプしたほうがいいですね。

また出演アーティストにも人気のあるイベントで会場内を自由に散策して

いる人もいます。

宇宙の森フェスのホームページ

TOBIU CAMP  トビウキャンプ

9月上旬の2日間に開催される音楽とアートの祭典です。

2011年から始まったこのイベントは子供が遊べる空間を大切にしています。

遊具施設や子供が学ぶことができるワークショップなどたくさんあります。

場所は札幌から高速道路を利用すると1時間ほどの白老町というところです。

会場は森の奥にある木造の旧飛生小学校を利用しています。

入場券は前売りなら4,500円です。

この価格で2日間堪能できるのはうれしいですね♪

トビウキャンプは音楽だけでなく森の中で芸術を鑑賞したり舞踊を

観覧できます。

そしてさまざまな分野のアーティストがトークライブをしてくれるなど

観客と演者の距離が近いイベントです。

場所が白老町ということでアイヌ民族に関わる舞台も数々催されています。

メインイベントは1日目のキャンプファイヤーです。

世界的に有名なイラストレーターの奈良美智さんや音楽家の大友良英さん

も参加しており北海道をアートな2日間にしてくれます。

トビウキャンプが終了してから1週間は飛生芸術祭という展覧会を同会場で

開催しています。

イベントで展示していたアート作品を静かにゆっくり見ることができる

のでこちらもオススメです。

森の中なので虫除け対策はしておいたほうがいいかもしれません。

町内に格安な源泉掛け流しの温泉施設がたくさんあるのでこちらも一緒に

楽しむことができます。

TOBIU CAMPのホームページ

GANKE FES ガンケフェス

北海道十勝の新得町で2014年から開催されているイベントは酪農家の

幼馴染たちが町を盛り上げたいと立ち上がり始まったアウトドア音楽

フェスです。

音楽とスケートボードなどスポーツの融合と映画や映像の展示など

カルチャーも交えています。

カヌーやラフティング体験もできるのが他のフェスと違うところですね。

7月の上旬に1日だけ開催されてキャンプもできます。

一般前売りチケットは4,500円です。

会場はくったり温泉レイクインで新得駅から無料バスを運行しています

ので車がなくても便利ですね♪

イベント当日は11時から始まり夜の8時にはステージが終了します。

そのあとはナイトパーティや映画上映が午前0時まで開催しています。

地元のグルメも堪能できますし温泉施設内なので温泉も楽しむことが

できます。

GANKE FESのホームページ

活性の火

2014年から始まった苫小牧駅前で開催されているイベントです。

以前の苫小牧駅前は活気にあふれていました。

20年の間にシャッター街が増えショッピングセンターも閉店して

しまいました。

その中心街に再び活気を取り戻したいという思いを込められて

苫小牧市民手作りのフェスです。

8月の後半の2日間に開催されます。

会場はライブハウスや公園など4ヶ所で繰り広げられます。

なんといっても魅力は入場が無料だということです。

道内のアマチュアミュージシャンが80組くらい登場しますが

2017年は向井秀徳アコースティック&エレクトリックが参加する

らしいです。

向井秀徳といえば元ナンバーガールのメンバーです

これをきっかけに今後は道外の有名アーティストも参加すること

も期待したいです。

駐車場のみ前売り券が1,000円で販売されています。

ただし駐車台数が限られていますのでなるべく公共の交通機関を

利用するほうがいいかもしれません。

地方の方は苫小牧駅前なので便利ですね♪

活性の火 ホームページ

北海道フェスのまとめ

北海道のフェスにつきものなのは温泉と自然ではないでしょうか?

音楽だけでなくお子さんを連れてきても許されるフェスが盛りだくさんです。

北海道なのでアイヌ民族にかかわるお祭りも含まれているものもあります。

さすが北海道です♪

アウトドアとライブとグルメが堪能できるフェスはオススメです。

 


SNSでもご購読できます。

記事投稿日をチェック

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

コメントを残す