ターシャマニアなら見たい☆映画のポイント4点!

映画 ターシャ・テューダー静かな水の物語

を遅ればせながら観てきました。

素敵な映画でした!

この映画は4月から全国公開しています。

前回の上映を私は逃してしまったんですが市内の

ミニシアターでちょうど再上映していたのを見つけた

のでようやく見ることができました。

 

今回はターシャさんの魅力にあふれた映画のなかでも私がお気に入りの

ところを紹介しますね。

ちなみにドキュメンタリーなので起承転結などというものはありません。

興味のない人が見たら当然平和すぎて寝てしまうかもしれないです。

だからネタバレなんてものはありません。

ただただターシャさん好きならわかる!!と太鼓判を押してしまい

そうな場面ばかりです。

ターシャ・テューダーさんについて

ターシャさんはアメリカで人気の絵本作家です。

1915年にボストンの名家で生まれました。

父は数学者のアインシュタインとも交流があった設計技師で母は

肖像画家でした。

一流の暮らしを望む両親でしたがターシャさんは田舎暮らしに興味

を持ち若いうちから親元を離れて生活します。

結婚してから4人の子供に恵まれましたがご主人は働かない人でした。

そのためターシャさんは子供とご主人を養うために絵本を書きます。

絵本などの作品の数は100本以上にものぼります。

56歳のときに長年の夢だったバーモント州の森の土地を購入し

アンティークな木造家屋と広大な庭を構築します。

92歳で逝去するまで孤独とスロウライフを好むスタイルは

変わりませんでした。

多くの名言を残し今でもターシャさんは多くの人に愛されています。

深呼吸したくなるような映像

映画に登場するのは山と森と空と一軒の家です。

そしてターシャさんと数人の彼女を取り巻く人たち

さらに動物たちです。

映画は冬から始まり確か翌々年6月の花が咲き乱れる季節で

終わりました。

ターシャさんは冬の静けさが好きです。

ターシャさんの住むコーギコテージは木造の古民家風建物です。

家の中はカントリー調の家具とターシャさんお気に入りのもので

囲まれています。

ターシャさんは好きなものに囲まれて薪のストーブでパンや

ジャムを時間をかけて作ります。

そして素晴らしいのは1人で作り上げた庭です。

晩年は孫夫妻に手伝ってもらっていましたがこれほどまでに自然に

多種多様な草花が共存しているのは感動します。

北海道に住む人なら行ったことはあるかもしれないのですが

富良野の「風のガーデン」を思わせるような時間がゆったりと

流れるような感覚を思い出す人も多いかもしれません。

そして日本のように四季がはっきりしていて美しいのがこの土地

の特徴です。

太っちょコーギーに癒される

映画のなかでターシャさんの横にいる太った犬・メギーが可愛いくて

ついつい見てしまいます。

メギーは太りすぎなくらい胴回りが見事ですし短い足と同じくらい

のお腹は今にも地面をこすりそうです。

そのわりには動きは機敏ですね。

コーギーとはイギリスが発祥です。

牧畜犬として飼われることが多く足が短くて背が低いため牛も蹴る

ことができません。

そのため牧牛用として活躍していました。

コーギーって尻尾がないんですね。

メギーはターシャさんの庭仕事にもついてきて広い敷地の案内役も

してくれます。

犬は相棒といいますが映画を観ているとまさにターシャさんの

パートナーともいえるかもしれません。

ターシャさんはこういいます。

「コーギ犬と出会えたことは貴重な宝物を見つけたくらい幸運な

偶然でした。コーギほど魅力的な犬はいません。」

ターシャさんの絵本にはコーギ犬がたくさん描かれていますよ。

ほかにもウサギ・鶏・ハトなど動物が劇中には登場していました。

ターシャさんの名言

  • 一生は短いんですもの。やりたくないことに時間を費やすなんてもったいないわ。
  • 毎年、春は奇跡だと思うわ。
  • やりたい仕事は労働ではなく、楽しみになるのです。
  • 一夜にしてできる庭なんてないのよ。見応えのある庭にするには最低でも12年はかかります。

ターシャさんは小さいころから母の絵を描く横でデッサンを

していました。

母は実物を観察しながら描くことをすすめていました。

好きなことが仕事になるって素晴らしいですね。

ターシャさんの映画のまとめ

一途に貫いた意思と不特定多数の意見に振り回されない強い信念

をターシャさんから教えられます。

ターシャさんは少しずつ選択していって自分の人生を築き上げて

きました。

ターシャさんが逝去して10年です。

今もターシャさんの庭が好きな人や絵本を好きな人がたくさん

います。

私もその1人です。

なぜなら私のツイッターアカウントを見ていただければ

わかると思いますがナターシャ・テューダーです。

それくらいターシャさんにリスペクトしています!

好きなのに絵本は読んだことがありません。

ターシャさんの生き方や取り巻く環境が好きなんですね。

ターシャさんは1日かけて1から物作りをしたり草むしりします。

ときには子供達とろうそく作りやりんごジュースを絞ります。

この乱雑で分刻みに仕事をこなしたり毎日をゆったり過ごすことを

忘れている人に。

またはお疲れ気味の人に是非観ていただきたいです。

そんな私も最近起きている間は暇なく動くので映画を観ているのに

森林浴しているような気分で深呼吸できました。

2時間くらいですが豊かな気持ちになれる映画です。

本当の豊かさとは何か?を考えさせられるかもしれません。

映画の公式ホームページはこちらです。

 

 


SNSでもご購読できます。

記事投稿日をチェック

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

コメントを残す