神社で人気の御朱印ってなんだ?心がけること4点を紹介!

私は神社を訪れるのが好きです。

静かな場所に静かに佇んでいる様子と樹木が

多く砂利や土を踏んで歩くことができます。

周りの住宅地で騒がしいとしても神社の境内

は空気が澄んでいて落ち着けるのです。

頭が混乱したり少し落ち着きたいなと思った

時は意識的に神社とか山とか海など自然が多い

場所に行きます。

ですがそんな落ち着ける場所神社が最近大変なことになっている

そうです。

その原因は御朱印ブーム!

御朱印をもらうために3時間も並ぶ神社があるそうです。

そして何冊もコレクションしているひともいるとか。

行列嫌いな私は御朱印をもらうことはブームが去るまでしばらく

ないだろうな・・と思いました。

そもそも御朱印ってそんなにありがたいものなんでしょうか?

私なりに調べた結果をここにまとめてみます。

御朱印とは?

御朱印は江戸時代から始まりました。

一般の人が写経をお寺に納めたときに発行された証明書が

御朱印の起源です。

御朱印は別名で納経印とも呼ばれています。

お寺が起源ですからもちろん御朱印はお寺でももらうことが

できます。

御朱印は全国にあるすべてのお寺や神社でもらえるわけでは

ありません。

一般的に御朱印の値段は300円から500円です。

宮司さんが一枚一枚丁寧に手書きしてくれたものに朱印を押印

したものが御朱印です。

御朱印をもらうときの注意点

専用の御朱印帳を持参しよう

御朱印帳を忘れた場合は半紙に書いてくれる神社もあります

ので聞いてみるといいでしょう。

ただしメモ帳やノートなどには書いてもらえません。

御朱印帳は文房具店にありますし雑貨店で見かけることもあり

ますので探して見るといいかもしれません。

またインターネットショップでも御朱印帳は豊富な種類から選ぶ

ことができるので便利です。

きちんと参拝しよう

参拝をせずに御朱印帳をもらおうとするのはルール違反です。

御朱印帳はスタンプラリーではありません。

神社に来ましたという報告が参拝です。

報告を済ませてからその証明書をいただきましょう。

御朱印を待っているときの禁じ手

  • 待ち時間に飲食
  • 大きな声でおしゃべり
  • 携帯電話の操作
  • 書いている人を無断で撮影
  • 浄土真宗のお寺は偶像崇拝を禁じているため御朱印をいただけません
  • 正月などの参拝者が多い場合は避ける
  • 式の最中も避ける
  • 納経すると喜ばれる場合がある
  • 寺や神社側の対応が悪くても縁がなかったとしてこちらから怒らないようにしましょう
  • 受付時間外に無理やり御朱印をいただかないようにしましょう

神社内を無断で撮影も神様が怒ります。

まず撮影しますと心の中で唱えることが礼儀ですね。

高額紙幣を出さない

小銭を用意しておくことも神社に対するマナーのひとつです。

お釣りのないように事前に用意しておきましょう。

御朱印をどうやってもらえばいいの?

朱印所または納経所に行き「御朱印をお願いできますか?」

と聞いてみましょう。

御朱印をいただける場合は記帳してもらう場所を開き「こちらへ

お願いします」

と一言添えて御朱印帳を渡します。

渡す時と受け取る時は御朱印帳に両手を添えましょう。

書いてもらっている最中は質問やおしゃべりは慎みましょう。

またインターネットや本などで見たときと御朱印が異なる場合

があります。

これは書き手によって異なるので「これと同じに書いてください」

というのは禁じ手です。

書き手は1日に多くの御朱印帳を書いているので人気の神社だと

書きすぎて手が震えるくらいの宮司さんもいるくらいです。

御朱印をしてもらったらお礼を伝えてありがたく頂戴しましょう。

御朱印帳の保管場所

御朱印帳は墨を使って紙に書いてありますので湿気に弱いものです。

それと油を使用する台所でも油分がしみこむとシミがつくことが

あるので注意しましょう。

扉付きの本棚または箱や缶に保管するなど工夫して湿気から

遠ざけることが大切です。

なるほど御朱印帳のまとめ

御朱印帳はあくまでも授けていただくという気持ちで礼儀を

忘れないことが大切なんですね。

寺と神社によっては混同していると断られるケースがあります

ので初めから別々にしておいたほうがいいかもしれません。

まず私は御朱印帳を忘れてしまうでしょう。

しかも意外とこういうときにうっかり小銭を使ってしまいますよね?

宮司さんのお仕事の合間に書いていただいているものなのであり

がたいですね。

こちらがお金払っているんだからという気持ちで書いてもらうの

なら御朱印帳の価値はないでしょう。

そもそも神社って神様が私たちの住んでいる土地を守ってくれて

いるものの証です。

神職の最高位が天皇陛下なんですよね。

そうすると御朱印だって大切にする気持ちが生まれるのかもしれ

ないですね。

御朱印帳は可愛いキャラクターものや渋いデザインまでたくさん

ありますので参考にして見てはどうでしょう?

 

 

 

 

 


SNSでもご購読できます。

記事投稿日をチェック

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

コメントを残す