苫小牧の観光名所 イコロの森おすすめポイント3選を紹介!

苫小牧は森や原野など自然が多い都市です。

そんな苫小牧には整備された自然と共存する

公園も多いのが特徴です。

そのなかでも千歳空港に近い森の中の庭園

「イコロの森」に行ってきました。

イコロとはアイヌ語で「宝物」の意味です。

森の中の宝物を見学するような感覚で庭の木や

花を楽しむ場所です。

今回はイコロの森の見所を紹介します。

やはり見所はガーデン

季節ごとに変化する花が咲くガーデンは英国風なスタイルで

バラの庭だったり白い花ばかりを集めた庭だったりさまざまな

テーマごとに分かれています。

そういった手入れの行き届いた場所には黒くて大きな蝶が

たくさんいました。

受付の方に伺うと早ければ30分で全体を回れるそうです。

長い人は2時間くらい回っていることもあるらしいです。

今回私は1時間でした。

季節の花を楽しみたいとか整備された場所が好きな方はローズ

ガーデンやホワイトガーデンがいいですね。

4月から10月まで季節ごとに咲いている花が変化しますので

毎月見に行くと多くの植物を観察できるでしょう。

8月下旬はボーダーガーデンが芝生を囲むように色とりどりの

花が咲き乱れ美しい庭を眺めることができます。

英国風のガーデンは常駐のガーデナーさんが手入れしていました。

ミツバチもたくさんいて自然に近い形で手入れしているのがわかります。

 

自然派にはウッドランドガーデン

イコロの森は手入れされたガーデンだけでなく自然に植物が生い

茂る森を散策することもできます。

私のオススメは小鳥のさえずりが聞こえるウッドランドガーデンです。

蓮の池や広大な森の一部を歩くことができるので森林浴には

ぴったりですね。

今回は大雨の翌日に入所したため蒸し暑く蚊がたくさんいて

刺されてしまいました。

常在菌を持っている私は蚊の格好の餌食にされてしまいました。

うっかりミスです。

人の手のかかるガーデンに蚊はいませんでしたが奥のウッド

ランドガーデンにはたくさんいますので行く方は虫除け対策

をしておいたほうがいいです。

森の一部なので野生の動物も見られるそうです。

イコロの森を取り囲むようにフェンスが張り巡らされていました

が万が一遭遇しないように森へ行く場合は音の出るものを用意

したほうがいいでしょう

何度かイコロの森に行ったことがあり有料区間は手入れされて

いるガーデンだと思っていましたがさらに奥の森に行けるとは

思いませんでした。

歩道は人が歩けるように整備されています。

ポツンと青い小屋が森の中にひっそりと佇んでいるのも

可愛らしいですよ

無料ガーデンもおすすめ

規模は小さいですが誰でも気軽に立ち寄ることができる施設が

たくさんあります

ナーサリーは森で見ることができる苗も販売されています。

さらにセレクトショップなど雑貨を購入して楽しむことが

できます。

コーヒースタンドでは札幌二条市場の寿珈琲と旭川の石渡紅茶を

堪能しながら中庭を眺めることができます

ソフトクリームは甘いのに舌触りがサラッと溶ける個性的な味です。

併設のイタリアンレストランもあるのでのんびり過ごすことが

できそうですね。

森好きにはたまらない場所

イコロの森の施設内には乗馬クラブがあり数年前にこちらで

乗馬を1時間ほど楽しんだことがあります。

ガーデンとは別の森の中を数人と数頭の団体で散策することが

でき馬の背中に乗ると結構高所で驚きますが慣れると気持ちが

いいもんですよ♪

馬の歩幅ですからかなり遠くまで行きました。

お金と時間のある方は乗馬もオススメです。

イコロの森は有料ガーデンは600円で年間パスポートは1,000円

ですから4月に入会して10月まで何度でも訪れることができるのは

かなりお得ですね!

子供やシニアだと割引されますので詳しくはホームページを参照

ください。

アクセスは国道36号線を苫小牧から札幌方面に向かいます。

ウトナイの道の駅から2kmくらい走ったところの左側に看板が

ありますから左折してしばらく道なりに走ります。

かなり走りますので不安になるかもしれませんがソフトクリームの

オブジェが見えたらイコロの森です。

先日千歳市で熊が道路を散歩していた目撃情報からそれほど遠く

ない場所です。

これから寒い季節がやってきますが秋の園内も楽しみですね☆

 

営業期間は4月21日〜10月31日まで

営業時間は9:00〜17:00

住所・北海道苫小牧市植苗565-1

イコロの森ホームページ

 

 

 

 

 


SNSでもご購読できます。

記事投稿日をチェック

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

コメントを残す