苫小牧のフェス・活性の火は4ヶ所のライブ会場が熱かった!

 

初めて参加してきました苫小牧の無料イベント

「活性の火」は4年目を迎えました。

1日目のみ参加の予定でしたがロック魂が止まら

なくて2日目も会場に足を運んでしまいました。

私は全参加ではありませんが2日間行くことが

できて満足でした。

今回は会場の様子を画像とともにお送りします。

さびれた商店街がライブ会場

当日の駅前通りの様子も車がほとんど通りません。

まず苫小牧駅の南口を出ると小さな広場に1つ目の会場があります。

駅前ステージでは吹奏楽やダンスパフォーマンスやソロアーティスト

のライブが開催されていました。

駅前はビジネスホテルが多いので平日はビジネスマンが時々通るくらいです。

買い物の人はほぼいない場所です。

活性の火の当日はライブ目的の人が多いですが

それでも駅前は寂しい感じがしますね。

駅前のコミュニティスペース・ココトマはオープンカフェスタイルに

して賑わっていました。

ココトマの前はローカルバスと高速バスの停留所があるので比較的

平日でも人が行き交っています。

ゆったりできるアカシア公園のステージ

さらに南へ進んでいくと小さな公園があります。

アカシア公園のステージからバンド形式のライブが繰り広げられています。

アカシア公園は緑が多くてのんびり縁石に座りながらライブを楽しむことができました。

公園といっても遊具はなく緑の芝生が敷き詰められているところです。

小さなステージですが若手から実力派まで熱いライブを見ることができました。

なんといってもアカシア公園では元アースシェイカーのmercyが素晴らしかったです。

57歳とは思えぬ声量でした。

アースシェイカーといえば1978年に結成されたメタルバンドです。

全盛期はラウドネスや聖飢魔IIとジャパメタブームを盛り上げました。

私も反抗期真っ盛りの高校時代はアースシェイカーをよく聞いていました。

すっかり曲のタイトルも忘れてしまいましたが当時カセットテープ(古い!)

が擦り切れるほど聴いたので当日聴いた曲の拳振り上げるタイミングとか

覚えてまして無意識に合わせていたのが自分でも驚きです。

途中から参加したので前半の曲を聴くことができなかったのが残念です。

ですがアンコールで名曲「radiomagic」を聴くことができたのでラッキーでした。

苫小牧ライブの聖地ELLECUBE

3つ目の会場はライブハウスです。

以前locofrankのライブを見にきたことがあるので安心して入場しました。

こちらの会場では1日目に札幌のバンド・アルクリコールとTHE武田組

2日目に本州から来たメロコア系のDYINGDAYとMISTYを見ました。

小さなライブハウスなのでコアなファンがたくさんいました。

閉鎖された空間なのでなかなか入りにくいかもしれませんが

PUNK系のライブはやはりこういった場所が盛り上がりますね。

 

人気バンドが揃うメインステージ

4つ目のは娯楽場ステージです。

駐車場を会場にしていました。

こちらではメジャーアーティストや人気の地元バンドなどのステージを見ることができました。

私は鶴・STANCEPUNKS・THE STARBEMS・向井秀徳を1日目

NOT WONK・Selfarm・FREE KICKを2日目に見ました。

活性の火は向井秀徳が来なければ私は参加しなかったかもしれません。

夕暮れ時に向井氏の歌う「赤とんぼ」は哀愁漂いますね。

ほかにも独特の向井氏による世界観が繰り広げられていました。

映画「TOO YOUNG TO DIE」の劇中歌・天国は鳥肌ものです。

この映画の脚本はクドカンこと宮藤官九郎氏です。

天国の歌詞もクドカンが作詞しました。

私はこの映画も見たのですが長瀬智也演じる近藤さんことキラーKが歌う場面は沁みます!

「あなたがいれば地獄も天国、あなたがいない天国は地獄」

ここが泣けます!!

グルメも堪能できる

娯楽場ステージの会場ではグルメ対決「活性の胃」が開催されていました。

500円で提供される店舗のメニューを投票するフェス飯グランプリです。

投票箱もありました。

天気もよく苫小牧にしては珍しく夏日の2日間だったので

ビールも売れ行きが良かったのではないでしょうか?

雨は数秒だけポツリと来ましたが濡れることはありませんでした。

永ちゃんもこのようにご機嫌でした。

会場内は賑わいありましたが商店街はあいかわらず静かです。

この通りで賑わっていたのはローソンくらいでしょう。

商店街自体が盛り上がっている雰囲気がありませんでしたので少し残念でした。

会場では募金箱を設置していましたしクラウドファウンディングの

キャンプファイヤーでも支援を募っていたので商店街の応援があるのかは不明です。

活性の火はまだ4回目なので自費でどこまでできるのかはこれからの課題

かもしれませんね。

これからの発展が楽しみです♪

 

 

 

 

 

 

 


SNSでもご購読できます。

記事投稿日をチェック

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

コメントを残す