トートタロット大アルカナ辞典part11は黒い太陽です!

今回紹介するのは黒い太陽で

オシリスのアイオーンの死ともいいます。

オシリスは前回の高等司祭でも説明しましたね

そして「オシリスの死」といえば大アルカナ辞典

の1番目に説明したハングマンもそうでした。

ではオシリスのアイオーンの死とはどういうこと

なのでしょうか?

今回はそんなことも含めて紹介します。

カードの背景

黒い太陽は風の国のパーンの祝祭の次のカードです。

追求してきたものに見切りをつけて人生の深い意味を求める

段階に来ています。

黒い骸骨が釜で生命の糸を切っています。

これは身動きが取れず束縛しているものからの解放を意味して

います。

骸骨の足は門の形をしていますが新しい人生への入り口です。

物質的なものへ執着を手放すことが大切な時期でもあります。

カードの下部分にある青いサソリは死ぬことと生まれることを

意味しています。

蛇と魚も同じ意味です。

生命の糸に沿って上昇する青い人間は新しい人生へ上昇する

イメージです。

カードの意味

  • 別れ
  • 終わり
  • 恐れ
  • 無益な固執から離脱
  • 手放すことを強要される
  • 活動の終了
  • 目的と計画を捨てる
  • リタイア
  • 第三者の援助
  • パートナーシップの変化
  • 依存
  • 手放すことを拒否する
  • 不安定
  • 頑固

さらに深い意味を読む

一般のタロットカードでは死神に当たるカードで不吉なイメージ

を与えてしまいがちですがトートタロットでは古いものの死や

脱皮を意味しており再生や変容を表しています。

そこには痛みもともないますので辛いこともあるかもしれません。

でもまだ変容を体験したわけではなくその必要性が訪れたという

ことです。

変容を受け入れたならいい結果をもたらすでしょう。

もしその必要性を拒否したり無視したならば状況は停滞するで

しょう。

意識の変容は3段階で起こります。

カードの中のサソリはこの世の競争社会でおこる恐怖と痛みを

体験する第1段階です。

蛇は自分以外の何者かになろうとする願望との決別が第2段階

です。

骸骨の頭の上のフェニックスは意識が破壊されて新しく復活

する第3段階です。

意識の変容は自己探求を通じて起こるものなので誰にでも来る

ものではありません。

そのため人間的にまた宇宙と統合するために成長できる価値

あるものです。

実際に意識の変容が起こるのは次の稲妻の塔とオシリスの死の

カードに到来してからです。

アイオーンは始まりであり子供の状態です。

ですからオシリスのアイオーンの死ということです。

まだ変容は始まったばかりですが、これを超えなければ魂の成長

を遂げることはできません。

人生は楽しいものではあります。

楽を生きることとは異なります。

さまざまな体験ができるからこそ意識の変容が起こるのかも

しれませんね。

参考資料は

レオン・サリラ著「魔術師のトート・タロット」

です。


SNSでもご購読できます。

記事投稿日をチェック

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

コメントを残す