18年ぶりに新譜を発売Hi-STANDARD人気の秘密!

Hi-STANDARDといえばSTAY GOLDじゃあ

ないですか?

この曲がライブで流れるとモッシュ&サークル

が起こります。

あの瞬間が好きです。

ちなみにモッシュというのはファンが前に押し

寄せ体をぶつけ合う行為です。

決してケンカではありません。

そしてサークルは潮が引くように一旦円の空間を

開けてから円の内側の若者たちがぐるぐる回るハムスターの

ごとく渦潮のような現象です。

ロックファンにしかわからないかもしれませんが一斉に

パワーが集結するんですね。

あの渦の中に入るには体力が持たないので端で見ていますが、

鳴門海峡のように強い力を感じます。

ちなみに「STAY GOLD」は北海道地方ではおなじみのテレビ

番組「1×8いこうよ」のオープニングテーマで毎週流れて

おります。

Hi-STANDARD、通称・ハイスタが18年ぶりにアルバム

「The Gift」2017年10月4日に発売しました。

今回はツアーも決定しているHi-STANDARDについて紹介

します。

ハイスタのプロフィールと経歴

Hi-STANDARDとは日本のパンク界の礎を築いたような

バンドです。

結成は1991年で2000年に解散した伝説のパンクバンド

でした。

メンバーは難波章浩(b&vo)横山健(g&vo)恒岡章(dr)

ちなみに「い〜〜ねっ」の横山剣は別人です。

それが近年フェスなどで対バンしていた難波章浩と横山健が

出会いいつのまにか再結成されました。

フルアルバムは過去に3枚出ていただけですが海外でも

セールスを記録してインディーズながらもオリコンにランク

インするなど多くのファンを獲得していました。

ライブを開催

Hi-STANDARDが主催するフェスといえばAIR-JAMです。

1997年から2000年まで開催されていました。

参加アーティストはHUSKING BEEやGURLIC BOYSなど

パンクのベテランたちが名を連ねています。

AIR-JAMの復活は2011年です。

会場は東京や横浜など関東圏が中心でしたが東北の震災の

翌年には宮城県で開催しています。

そのときは観客が5万人を超えました。

2106年は12月に福岡県で開催されました。

ぜひ北海道でも開催してほしいです。

北海道は年末に大きなパンクの祭典がありますので何も

ない春くらいが私の希望です(笑)

どんな贈り物なのか?

1曲目からアラフィフとは思えないようなヘタウマな感じの

明るいフレーズが響きます。

Hi-STANDARDってそれぞれ技術は上級なんです。

なのに下手に見せるところがなかなか凡人にはできません。

全曲英詞ですが聞き取りやすい英語です。

通常14曲に加えボーナストラックが2曲入っています。

カバー曲としてテンプテーションズのMY GIRLも演奏して

います。

ハイスタや健ちゃんのアルバムは大抵1曲はカバー曲が入って

いますね。

バラードでもパンクにすると曲調の振れ幅が大きいです。

このアルバムは期待を裏切りません。

私が勝手に思っていますけどHi-STANDARDってどんな曲

なの?って方にも「これがハイスタだ」

と言えるようなわかりやすいものだと思います。

アルバムには2曲インストゥルメンタルも入っていました。

そのうちの1曲は聖飢魔IIかと思うようなイントロのメタル

フレーズが激しかったですが途中テケテケ風のグループ

サウンズ系も登場します。

これは横山健の技ですね!

ファンには待ちに待っていた贈り物なのかもしれません。

CDジャケットは可愛いイラストが描かれています。

フランク・コジックというグラフィックデザイナーが手がけ

ておりレッドホットチリペッパーズやニルヴァーナ、

オフスプリング、ストーンテンプルパイロッツなどビック

アーティストにも提供しています。

自らレーベルを立ち上げヒット

Hi-STANDARDのアルバムはPIZZA OF DEATHから発売

されています。

発売元の社長は横山健氏です。

自らレーベルを立ち上げる底力が素晴らしいですよね。

PIZZA OF DEATH RECORDSに所属するパンクバンドも海外

を含めベテランから若手までいます。

北海道のSLANGも所属しているんですね。

現在メディアで活躍しているWANIMAもそうです。

ハイスタのまとめ

Hi-STANDARDことハイスタを紹介してみました。

実は結成された1990年代ですが、私はハイスタの名前は

知っているもののファンではありませんでした。

メロコアのような軽いものはパンクじゃないと思っていた

ことがあり、当時はさらに重厚なハードコアパンクに傾倒

していました。

ですがHi-STANDARDはそんな私でも知っているバンド

として有名でした。

現在ではすっかりメロコア好きが10年以上続いています。

これからもフーファイターズ、マリリン・マンソン同様に

やはりアラフィフ同世代アーティストとして活動を続けて

ほしいと思います。

どの曲も明るくて元気が出ます。

英語で意味がわからなくても元気を出してとか自分を貫いて

などのメッセージが理解できると思います。

だって、それがパンク魂なんですから!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


SNSでもご購読できます。

記事投稿日をチェック

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

コメントを残す