室蘭工場夜景バスツアーを体験4ヶ所のビュースポットを紹介

今や「煙突町のプペル」のおかげでしょうか?

はたまた廃墟ブームのせいでしょうか?

工場夜景が人気の日本列島です。

調べてみると日本で紹介されている工場夜景は

21ヶ所(工場夜景ガイドより)あるんですね!

そのうち北海道には室蘭と苫小牧で夜景を見る

ことができます。

うっすら寒くなり始めた秋の北海道ですが、

そんな中、室蘭夜景見学バスというものがあると

知りバスで行く工場夜景のビュースポットを見学してきました。

今回は室蘭の工場夜景とともに見学バスの内容を紹介します。

室蘭工場夜景ができるまで

室蘭といえば鉄の町です。

室蘭で製鉄業が開始されたのは100年以上も前のことでした。

今では函館どっく、JXエネルギー、新日鉄や日本製鋼所など

多くの工場が室蘭市に集結しています。

そして1998年にJの字に作られた地形を利用した白鳥大橋が

誕生しました。

そこから眺めるJXエネルギー室蘭製造所は特に目を引きます。

近年では工場夜景を見るブームが起こり、室蘭も5大夜景や

8大夜景のひとつに名前が挙げられています。

室蘭夜景見学の見どころ

見どころその1 ・道の駅みたら室蘭

小雨が降っていたので道の駅屋内から撮影しています。

右側に見えるのは大黒島という小さな島です。

前面には内浦湾が広がります。

画面の正面は八雲町あたりでしょうか?

ちょうど雲の隙間から夕日が沈むところでした。

見どころその2・祝津公園展望台

白鳥大橋側を撮影しました。

霞みがかっていて真っ白ですね。

こちらは苫小牧方面新日鐵側です。

まだまだ細かい霧のような雨が降っていました。

すこし肌寒いくらいです。

展望台をバスで降りるときには車内を消灯して夜景を見せて

くれました。

そうすると意外と夜景が美しくはっきり見えています。

これからどんどん日が陰ってきますがこのあと奇跡が起きました。

見どころその3・陣屋除雪ステーション

 

祝津公園を下り白鳥大橋を渡って陣屋除雪ステーションと

いう一般の方は立ち入ることができない区域から見ることが

できました。

開発局の方が見学バスのために夜景の時間だけ開けてくれる

そうです。

なんと!バスから降りたら雨が止んでいました。

ここはJXエネルギー製造所を間近でみることができる特別な

ビューポイントです。

圧巻ですね。。。

中央の白い塔は集合煙突で、煙ではなく水蒸気を出しています。

近年では環境保護のために空気を汚染しないよう煙を排出

していません。

集合煙突は180mの高さで、清掃や点検のために螺旋階段が

あるのですが638mあるそうです。

エレベーターはなく階段のみですから上り下りした後は膝が

震えるかもしれませんね。。

こちらは白鳥大橋側を撮影しました。

ちなみに白鳥大橋のライトアップは祝津公園側にポツンと

立っている風車が電力です。

エコですね。

ライトアップされた白鳥大橋は綺麗ですね。

見どころその4・崎守ビュースポット

陣屋除雪ステーションからさらに西側(伊達市寄り)のところ

で工場の夜景を見上げながら見学できる場所です。

暗闇の中で油断すると海が側なので少し危険です。

工事現場の臭いがしました。

JXエネルギー製造所ではアスファルトを燃やして電力を作って

います。

残った電力は北電にも提供しているんですよ。

正面には白鳥大橋が見えます。

白鳥大橋の下は豪華客船が通る高さではないため、この崎守

ビュースポットの付近で客船を乗降しています。

そのあとは高台を通ってバスは夜景スポットをゆっくり

走って見せてくれました。

測量山の頂上にある電波塔もバスの中から見学しました。

ピンクや緑に彩られた電波塔がライトアップされています。

このライトアップは市民が寄付することで1晩点灯される

しくみです。

その日にはメッセージを添えられるようにしてあり新聞など

に掲載されます。

大切な人の記念日や誕生日などのお祝いに利用されています。

バスの中だったので上手く撮影できませんでした。

室蘭夜景見学バスの概要

室蘭夜景見学バスの運行時刻は季節によって変更されます。

10月は16:30にJR東室蘭駅を出発します。

旧室蘭駅舎からも乗車できます。

車で来る方は旧室蘭駅舎の裏の駐車場に無料で停めることが

できるのでおすすめです。

見学の所要時間は2時間30分です。

2017年は10月28日までの運行で毎週土曜日です。

日曜日も運行している場合がありますので、むろらん夜景

ホームページを参照してください。

料金は大人が1,000円で小児が500円です。

予約制のため事前に受付しましょう。

40人が定員です。

人気のツアーなのか満席でした。

ほかにも室蘭では夜景を見るクルージングが3,000円で参加

できます。

こちらは予約でいっぱいだったためバスツアーに切り替え

ましたが、料金の割には見どころがたくさんで市民のガイド

さんが親切に案内してくれました。

高齢の方たちが市民ガイドとして活躍しているそうです。

楽しいお話を聞けて満足できました。

バス車内では室蘭の開拓の話や地名とアイヌ語のかかわり

などたくさんの話を聞くことができ料金以上の満足感です。

ただし夜景の綺麗なJXエネルギーは2019年3月で製造を

中止するとの報道がありました。

2019年4月からは物流の拠点として事業を構築するとのこと

です。

ですからこの美しい夜景を見ることができるのも残りわずか

かもしれません。

この機会にぜひバス、またはフェリーで室蘭の夜景を

楽しんでください。

室蘭道の駅にあった謎のオブジェです。

 

むろらん夜景ホームページはこちら

 


SNSでもご購読できます。

記事投稿日をチェック

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

コメントを残す