皇室好き必見!退位と即位のスケジュールをチェックしよう☆

新しい時代の到来もあと1週間ですね。

今日から平成最後の◯曜日と呼ばれる

カウントダウンが始まります。

平成が終わるとなると寂しい気もしますが

それよりも世間では10連休の方が大切で

しょうか?

病院は?銀行は?とさまざまな課題も発生しますが

私は連休などに関係なく働いております。

私にとっては、なによりも平成天皇の退位と

令和天皇の即位の儀式が気になるのです。

30年前はまだまだ皇室などには目を向ける

ような落ち着きはありませんでした。

今になって天皇がこの国に存在する素晴らしさというものを知りました。

そこで今回は日本では大切な日となるであろう儀式の流れについて紹介します。

時代が変わる前に行われる行事とは?

まず退位と即位の儀式の前に平成天皇が各地に赴き挨拶をされる期間があります。

4月18日 伊勢神宮参拝

伊勢神宮で退位の報告をしました。

伊勢神宮参拝の儀式は天皇と皇后が別々の車で訪問します。

まずは下宮を拝殿し、次に内宮です。

拝殿する陛下の前には剣、後ろには勾玉が並びました。

内宮には鏡があり、これで3種の神器が揃います。

天皇と皇后はお祓いとお清めを受けてから正殿へ向かいました。

祖神である天照大御神に会うための伊勢神宮参拝です。

これが平成天皇にとって最後の地方訪問でした。

4月23日 親謁の儀

退位を報告するための儀式「親謁(しんえつ)の儀」に

臨まれるため昭和天皇陵を参拝しました。

陛下はモーニング姿、皇后さまはロングドレスで参拝しました。

昭和天皇陵は八王子の武蔵陵墓地にあります。

もちろん一般の方も宮中の行事がなければ参拝することができます。

駐車場は無料だそうですよ!

武蔵陵墓地は大正天皇のお墓もあり、それぞれ上円下方墳

もはや古墳です。

4月26日 みどりの式典

みどりの式典に平成天皇が出席します。

内閣府が主催する学術賞の授与や緑化推進運動の功労者を

表彰する行事がみどりの式典です。

4月30日17:00~10分間 退位礼正殿の儀

天皇皇后両陛下が皇居にある正殿松の間にお出ましされ

侍従が剣・勾玉・国璽・御璽を安置します。

首相が国民代表の辞を述べてから天皇陛下がお言葉を

述べられます。

そして両陛下が正殿松の間をご退出されて終了です。

新年号「令和」の時代に変わってから行われる儀式

5月1日10:30~10分間 剣璽等承継の儀

新天皇が正殿松の間にお出ましされます。

侍従が剣・勾玉・国璽・御璽を安置します。

新天皇が正殿松の間をご退出されて終了です。

同日11:10~10分間 即位後朝見の儀

新天皇・新皇后が正殿松の間にお出ましされます。

新天皇がお言葉を述べられたあとは

首相が国民代表の辞を述べます。

そして新天皇・新皇后がご退出されて儀式は終了です。

改元後は?

10月22日 即位礼正殿の儀

新天皇が国内外に即位しました!と宣明する儀式です。

戴冠式や即位式のようなもので、正殿松の間で執り行われます。

同日 祝賀御列の儀

国民に即位を披露します。

新天皇・皇后が御料車に乗って国民の祝福を受ける儀式です。

平成年度では皇居から赤坂御所までオープンカーで披露しました。

なんと11万人もの参列者がいたそうですよ!

10月22日以降

饗宴の儀を数日間に渡って開催します。

10月23日

首相夫妻主催の晩さん会が開催されます。

11月14〜15日

大嘗祭が執り行われます。(下のリンク記事・新嘗祭を参照してください)

2020年4月19日 立皇嗣の礼

秋篠宮様が皇位継承順位の1位にあたる皇嗣に任命される儀式。

場所は正殿松の間です。

 

・・・と長い期間に渡って儀式があるんですね。

まとめ

昭和から平成に移行した時期って、お正月気分も抜け切らないときでした。

そこに突然昭和天皇崩御のお知らせが入り、年号が変わる慌ただしさを

職場で体験しました。

今回は平成天皇が前もって退位をお知らせしてくれたおかげで、私たちも

安心してカウントダウンを迎えることができるのですね。

皇室ファンでない限り、興味のないお話かもしれませんが

今回は私自身のために記事としてまとめたかったのです。

◯◯の儀とか言われても一般人たちはなんのことやら

分からずに過ぎていくと思います。

でも私たちの身近にある神社って気軽に参拝しますよね?

簡単に言ってしまえば神社にいる宮司さんの大親分が

天皇陛下だということです。

天皇陛下は早朝から暖房のない寒い部屋で私たち国民の安寧を

毎日休みなく祈ってくれているのです。

ご高齢にもかかわらず天皇皇后両陛下は被災地に赴いたり

ご多忙の日々を過ごされたことと思います。

30年もの間祈ってくれた平成天皇には感謝の気持ちでいっぱいです。

また新しい時代がやってきますが、私たちは

この未来をどうやって生きるか?

今を大切に意識して過ごしたいものですね。

 

長文読んでいただきありがとうございました!

 

新元号や宮中行事についての記事はこちら

↓ ↓ ↓

新しい元号まで1ヶ月!令和について勝手に考察してみた☆

勤労感謝の日と新嘗祭の関係ってなに?11月23日の謎を分析!


SNSでもご購読できます。

記事投稿日をチェック

2019年9月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

コメントを残す